スマホ子守は賛否両論である。

うちでも3歳までは触らせていなかった。 4歳になると普通のおもちゃはすぐに飽きてしまう。 クリスマスに祖父母にもらったプレゼントのおもちゃもサンタさんにもらったのもすでに飽きている。

4歳になったのでパパのお下がりの Android タブレット (RAM:2GB, Storage:16GB) をゲーム機として与えていた。 しかし、バッテリーが寿命だったため、新たに Amazon Fire 7 タブレットを買った。 6千円のタブレットがどんなものか試しにこれにした。 子供のおもちゃなのでこれくらい安いのがいい。

  • Fire 7 タブレット 5,980円
  • 2年保証 1,780円
  • 32GB SDカード 1,420 円

6千円のはずが、なんだかんだで9千円を超えてしまった。 Fire 7 についてはこのページがよくまとまっている。

ゲーム機として購入したが、RAM 1GB は少なすぎた。 ゲームを終了してホーム画面に戻るとアイコンが表示されるのに10秒以上も掛かる。 派手な3Dグラフィックスのゲームは突然に終了する。 メモリ不足だと思われる。

本体ストレージが8GBしかないので、32GBのSDカードを差したのだが、 アプリは一部のデータしか外部SDカードに保存しないため、 いくつかゲームをインストールすると SDカードは1GBしか使用していないのに、本体ストレージが満杯でそれ以上アプリをインストールできなくなった。

Android 6 以降では外部SDカードを内部ストレージとして利用できるようだが、 あいにく Android 5 ベースの Fire OS 5 である。 Fire HD 8 タブレットは Fire OS 6 (Android 7 ベース)で内部化できるはずだが、何かバグっているとかの情報もあるようである。

Amazon の新年の初売りで Fire HD 8 タブレット が7千円弱で売られていた。 そちらにすべきだったか。

今は『ゆるゲゲ』や『星の島のにゃんこ』をやっている。 いわゆる無課金なので始めは楽しいが次第にただの苦痛になるので飽きるようである。 無料で楽しめるし、次第に飽きてくれるのがいい。

子供といっしょにゲームしていると、結構ハマるもので、 パパとママも子供がやってなくても子供のゲーム機でゲームをしている。