特に書くこともないのだが、歴史的な災禍の真っ最中なので生活の変化を記録しておく。

疫病やトイレットペーパーの買い占めは映画や歴史の教科書のなかの出来事に思っていた。 福島第一原発の事故のときはまさか日本の原発がメルトダウンして大爆発するとは思いもしなかった。 これが正常性バイアスなのだろう。 この先の人生のおいて大震災、富士山の噴火、戦争、国債の暴落、大恐慌くらいには備えておきたい。 実際は心の準備くらいしかしないだろうけど。

自宅の開発環境を強化しようとパソコンを買おうと思ったらすでに出遅れていて品薄であきらめた。 コロナが関係ないトイレットペーパーが売り切れるなんて予想できなかった。幸いに妻が備蓄してくれていたのだが。 備えあれば患いなし。先んずれば人を制す。 自分の先見性のなさを痛感する。

多くの企業が短期間でテレワークを導入し、解決困難の思えた東京の満員電車がコロナで解決した。 ハンコなしの電子決済を導入するニュースも出てきている。 東京の一極集中は伝染病のみならず多くのリスクを抱えているので、コロナ後もこの流れが持続してほしい。

2月の下旬から始めたテレワークは2か月が経過した。 テレワークにより往復の通期時間約2時間半くらいは自由時間が増えるはずなのだが、むしろ通勤中のほうが本読んだり歩いたり自由な気もする。 家事と育児の時間が増えた。子供とお風呂と夕食後の食器洗いと子供と就寝。 21時に寝て、4時半に起きている。 朝五時から仕事をしている。 アメリカ時間に近くなる分、WebKit の仕事はやりやすくなる。

運動不足で体重が増加している。 はりきってラジオ体操したら和室の天井の照明を壊してしまい怒られた。

在宅勤務のこつは朝にパジャマから着替えることという話をどこかで読んだが、いまでは常にパジャマで仕事している。 一日中ほぼパジャマで過ごしている。 パジャマの快適性に慣れると、もう前の生活には戻りたくない。

長女の保育園卒園式と小学校入学式は規模を縮小して行えた。 いつかはコロナ時代の思い出のひとつになると思う。 ご尽力下さった先生方に感謝してます。

コロナは生命と経済のトロッコ問題だと言われている。 原発事故のときは放射能が危険派と安全派がいたが、 コロナでは自粛派と反自粛派がいる。 国によっても方針が違うのが国民性の違いが出ている。 次第に各方針の違いによる影響が判明してくるのだろう。 国民性のためか日本には反自粛派の政党がいないようだが、議論が深まらないので残念である。 不況が長期的に及ぼす不幸がどんなものか日本人はよく知っていると思うのだが。 GDPマイナス3%くらいの経済的損失を国民が公平に負担できるなら、たいして痛みはない。 しかしながら、また就職氷河期世代が犠牲にされるではないだろうか。 すでに3月には内定取り消しが問題化している。 影響を受ける大学生はおとなしく自粛している場合ではないよ。